自由気ままに思ったことを書き綴ります。
What is your impressive spectacle?
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 珍しい… | main | 何が正解? >>
またまた
最近遊びすぎですか?(笑)

今日は父と弟と一緒に、東京国立博物館のプライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 を見てきました。
以前から注目していた展示で、見に行くことが出来て本当に良かったです。
若冲は動物の絵を主に描いていたのですが…
江戸時代の日本にはトラは存在しないので
中国の文献を元に想像してトラの絵を描いていたり。
ニワトリや鶴の絵をすごくたくさん描いていたり。やっぱり面白かったです。
ですが、若冲目当てで行ったのに、最も興味深かったのは
照明によって全く異なる印象を与える絵 でした。
十数秒間隔で照明が明るくなったり暗くなったりするように展示してあったのですが、金屏風なんかは照明によって全然違う絵のように見えるのですよ!
あの展示方法は面白いなーと思いました。色々と工夫してるんですよね。


その後は母も合流し、六本木の俳優座で「ハツカネズミと人間」を鑑賞。
私の父の教え子の方が出演しているのです。
原作は「エデンの東」も書いたジョン・スタインベック。
「エデンの東」以上に救いのない話で、見終わった後、ちょっと落ち込みました。うーん…。



以下、昨日書き忘れたハチクロの話。
ネタバレ含みます。

映画の中で森田さんが、醤油を使って絵を描いていたじゃないですか?
そのシーンを見て「醤油画」のことを思い出しました。
醤油を使って絵を描くのは、割と昔から行われてきたことらしくて。
以前、地元の美術館の「醤油画展」に行った時に
美術館の中に醤油の匂いが漂っていたことを思い出しました。

両親に「映画の中で、醤油を使って絵を描くシーンがあってね…」という話をしたら、大ウケしてましたよ(笑)。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://cross-4leaf.jugem.jp/trackback/436
TRACKBACK
ニワトリニワトリ(鶏)は、鳥類の種のひとつ。人類により、ヤケイから早い時期に家禽化され、その肉や卵を食用にするが、家禽化の端緒は食用ではなく、祭祀用であったと推定されている。全世界的に飼われているが、特に最初にニワトリを家畜化した中国南部の飼育密度が
ニワトリ | 動物辞典 | 2006/07/30 12:38 PM